CATEGORY

ARCHIVE

RECENT BLOG

COMMENT

SEARCH

BLOG

木のおもちゃ

トーイ.jpg

私事なのですが、我が家には1歳8カ月になる やんちゃ坊主がおりまして、年末に「トイザらス」にてこの”レーシングカー”を買いました。車体とドライバーが分離出来るようになっていて、なんとも言えぬやわらかい感じがして、親の勝手で買い与えました(笑)。

坊主も喜んでくれたみたいで、部屋じゅう転がしまわっております。

やっぱり子供には木のおもちゃで遊ばせたい!と思う親は数多くいることでしょう。しかし、「メルクシパイン使用だが、この仕上りで約1000円とはお得」と思い買ってしまうのは、この業界にいるサガでしょうか・・・

 

1 件のコメント

  • khuz より:

    はじめて書き込みさせて頂きます。
    木を活用した様々なプロダクト商品がありますが、
    「おもちゃ」というカテゴリーでは、
    国内を見ると安価で市場に提供させるために、
    原油製品が多いと思います。
    また、加工や量産体制の視点からも、
    キャラクター商品などの展開の安易さから、
    木の素材のおもちゃという分野は取り残されている
    イメージが否めませんね。
    また、デジタルゲームがこれほどに定着していると、
    木が持っている素材感や「触れて学ぶ」「加工して学ぶ」と
    いうようなアプローチにしか適用されなくなり、
    おもちゃというよりも教育材料として捉えられている
    感覚があると思います。
    しかし、二酸化炭素削減の問題や加工商品の問題や
    デジタル商品はある到達点を越えた段階で飽和し、
    下降していく文化のように思います。
    そこでの「木」の在り方なども大きく価値が
    回帰され再確認される流れになりつつあるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP